SIRUHAのサブブログ

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

やりたいことを仕事にしたい!起業するために大切な9つのこと

f:id:SIRUHA:20170724131446j:plain

やりたいことを仕事にするためには、起業が一つの選択肢になると思います。

 

起業して、やりたいことを仕事として軌道に乗せるためには、どんなスキルが必要で、何が大切なのか、【やりたいことを仕事にするために必要な12のスキルと大切な9つの事】という記事にまとめました。

実際に起業を経験して、私なりに大切だと思ったことを全て詰め込んでいます。

書いていると思いのほか長くなってしまったので、こちらに短く「起業するために大切な9つのこと」としてまとめようと思います。

 

 情報発信力

モノで溢れ、情報で溢れている時代です。モノを作っても埋もれ、情報を発信しても埋もれてしまいます。

作ったモノ、発信した情報が埋もれてしまわないようにするには、まず情報を届ける力が必要です。

商品をたくさんの方に知ってもらうためには、情報を届ける力が必要です。

そのためにはブログやSNSなど、ネットを活用していくことが大切です。

うまく活用できれば、検索を経由して集客をしていけたり、投稿を楽しみにしてくださるフォロワーが増えたりなど、知って欲しいことを伝えていくための大きな集客力を得ることができます。

努力は必要になってきますが、素人からでも検索で上位表示させることは可能です。

 

売れる商品を生み出す力

売れる商品にはベネフィットがあります。「これを買えばこんな嬉しいことがあります」といった感じで買うことでもたらされるメリットのことをベネフィットと言います。

お客様が何を求めているのかを理解し、最適なベネフィットを提案できる商品を生み出す力が必要です。

 

満足される商品を作る力

満足される商品は、ベネフィットを実感出来る商品です。

使いやすさ、利用しやすさを徹底して、ベネフィットを実感してもらいやすい商品をデザインすることが大切です。

ベネフィットを提案できる商品でも満足感のないものだと、将来的な売り上げアップは見込めません。リピーターや口コミで継続的な売り上げを得るためには、買ってよかったと思っていただけることが大切です。

 

利益を出すスキル

適切な価格設定、効率化、不要な支出の削減などで、利益が出るカタチにすることが大切です。

お客様に喜んでいただくことが大切でも、利益が出ないとそのサービスを続けていくことができません。

 

ブランディング

ブランディングのメリット

売上アップ、価格競争に巻き込まれにくい、営業しやすくなる、リピーター獲得、人材を獲得しやすい、従業員の意欲向上など

ブランディングには以上のようなメリットがあります。

ブランディングが上手くいくと利益を出していきやすいので、より良い商品、サービスを生み出すことに集中できます。

 

バランス力

何にお金をかけ、何に時間を使い、何を誰に任せ、何をして何をしないか?

起業して、事業を軌道に乗せるには、バランス力が必要です。

事業全体を把握し、市場のニーズを理解し、いろいろな事を考慮しながらバランスをとっていくことが大切になります。

 

自分で考え、行動していく力

起業するために大切なのは行動できるかです。

たくさんの情報や周りの方からのアドバイス等がある中で、何を実行していくかは自分で判断する必要があります。

情報やアドバイスも、必ず正しいわけではありません。状況によっても、何が正解かは変わってきます。

 

情報収集や、周りの方のご意見も参考にしながら、自分で考えて判断し、行動に移していきます。

正解がないので、リスク管理はとても大切です。

失敗も想定して、テストなどリスクの小さいカタチで実行をしていきます。

 

 

自分で考えるため、行動力を高めるためには紙とペンを使うことをお勧めします。

紙に書くことで頭が整理されます。理解を促し、全体を客観的な視点で見やすくなります。

紙に書くことでアイデアが思いつきやすくなるという効果もあるようです。

 

そして、実際に行動に移すための心の準備ができたり、リスクに気付けたりなど、リスク管理をしながら行動していくためにもとても大切な習慣だと感じています。

私は紙に書いて読み返していくことで、リスクに気づきやすくなったり、実際にやってみたいなぁという気持ちが強くなって行動に移しやすくなりました。

 

 

 

想い

起業して事業を軌道に乗せるためには、投資として、すぐには利益の見込めない仕事をする必要もあると思います。

苦手なことにも挑戦しないといけない場面もあるかもしれません。

 

いつ利益が出るかもはっきりとわからない状況で、自分の意志で仕事に取り組んでいくためには、それだけの強い想いが必要になります。

 

 

今の能力はあまり気にしない

やりたいことが見つかった時、今の自分に必要な能力がないからといって諦めてしまうのはもったいないです。

何かを学ぶとき、目的があるのとないのとでは、成長のスピードが大きく違ってきます。

 

やりたいことが見つかったなら今までの自分よりも早いスピードで、必要なスキルを身につけていけると思います。

苦手だと思っていたことでも、やりたいことのために必要だと思えれば、なんとか挑戦できるかもしれません。

 

やりたいことが見つければ、それは成長のためのチャンスだとも思います。

 

 

何ができるかより、何がしたいか

 

理想を描くことからはじめます。

 

 

 

最後に 

やりたいことを仕事にしていくためには、以上のようなことが特に大切だと感じています。

ネットショップが簡単に作れるようになったり、会計ソフトがより自動的に処理してくれるようになったりなど、いろいろなサービスが出てきました。

起業を支援してくれる場所や制度もあります。

 

そういったものを上手に活用したり、今回記事に書いたようなコトを意識していくこと

で事業を軌道に乗せやすくなるかなと思います。

当記事が少しでもお役に立てることを願っています。

 

 

下記記事により詳しくまとめています↓

【やりたいことを仕事にするために必要な12のスキルと大切な9つの事】

siruha.jp

以下のような内容になっています。

〈 12のスキル 〉

情報を届ける力
売る力
売れる商品、サービスをデザインする力
満足される商品、サービスをデザインする力
利益を出す力
ブランディング力
つながり力
行動力
自分で考える力
バランス感覚
経営力
想い

 

〈 9つの大切なこと 〉

周りの方の意見との向き合い方
いろいろな経験と知識
資金
失敗を最小限のダメージで抑える
人のせいにしない
小さくても利益の出るカタチを作る
人と連絡を取らない、ネットをしない時間
何がしたいか考えるとき、今の能力は気にしない
「書く」と「歩く」