読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRUHA

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

手帳はポケットサイズのシステム手帳がオススメな理由

道具の使い方 道具の使い方-紙とペン

やる気と発想力が上がるSIRUHA手帳術について紹介しています。

 

手帳はポケットサイズが良い理由

f:id:SIRUHA:20160227191313p:plain

紙とペンをいつでも持ち歩けるから

人は頭の中でいろいろなことを思いついています。

その思いつきをバカにしないで、ちゃんと向き合い、考え抜くことで、やりたいことが見つかり、それを実現していくことができます。

 

「思いつきを大切にする」そのためにはいつも持ち歩ける手帳が必要です。

思いつきは、意外にもすぐに忘れてしまいます。

 

書き留めることで、また考えることができます。

 

何度も考えることで、完成度が上がり、実現に近づいていきます。

 

  

紙の入れ替えができる(システム手帳)が良い理由

f:id:SIRUHA:20160110165528j:plain

 

システム手帳だと、書いたメモを外して、簡単にノートへ貼り付けられます。

 

ポケットサイズの手帳は、いつも持ち歩くためには理想的ですが、じっくりと考えるときには狭い

狭いと、書かれていることに対する理解度が落ちます。

広いホワイトボードに一目でわかるように書かれているとわかりやすいですが、小さな手帳に何ページにもわたって書かれていると全体の把握が難しいですよね。

 

紙とペンはいつも持ち歩くことも大切ですが、一覧性を良くして理解を深めることも大切です。

 

携帯性と一覧性の2つが大切

なので、携帯性はポケットサイズの手帳、一覧性はA4サイズのノートと言うふうに役割分担をします。

 

そのために便利なのがシステム手帳

システム手帳だと、書いたメモは外してそのままノートに貼り付けることができとても捗ります。

システム手帳だと携帯性と一覧性を上手く連携できます。

f:id:SIRUHA:20160301195443p:plain

 

あとシステム手帳はスケジュール・タスク管理など、一冊にいろいろな機能を持たせることもできる便利さもありますよね。

 

 

  

手帳は他のサイズもいろいろと試しました。A5サイズの物から、ポケットサイズよりもさらに小さなものまで

f:id:SIRUHA:20160301194927p:plainf:id:SIRUHA:20160301194957p:plainf:id:SIRUHA:20160301195009p:plain

 

ポケットには入らないサイズだと、やはり扱いにくいのでいつも持ち歩くことは難しくなります。

ポケットサイズよりもさらに小さくなると、今度は書きながら考えることができなくなる。思いついたことを書き留めていくうちに考えが広がっていって、、ということが出来ず、ちょっとしたことを書き留めることしかできないので、それも不便に感じました。

 

いつも持ち歩け、適度な広さがある。

いろいろなバランスを考えると手帳はポケットサイズのシステム手帳になりました。

私はコロコロと物を変えてしまうのですが、ポケットサイズのシステム手帳はずっと使っています。

 

 

やる気 と 発想力 の SIRUHA手帳術【5つのルール】

  • 手帳はポケットサイズで紙の入れ替えができるもの
  • 書いたことは、A4サイズのノートにまとめる(貼ってもOK)
  • 使いやすいand使いたくなるものを選ぶ
  • 基本は無地がおすすめ
  • 絶対を作らない!

f:id:SIRUHA:20160226081847j:plain

 

SIRUHAオンラインショップ