SIRUHAのサブブログ

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

モレスキンはA4無地がすごい!なぜA4無地がオススメなのか

ハードカバーにゴムバンドが特徴的なモレスキン 

 

ポケットやラージサイズが多いですが、A4サイズがおすすめです。

 

読み返しやすいA4サイズ

A4は見開きでいうとA3になり、とても広いです。

一つのテーマについて見開き1ページにまとめると、読み返すときにすごくわかりやすいノートになります。全体像をつかみやすい

何ページにもまたいで書かれている場合とくらべて理解度が断然よくなります。

A4サイズのノートは見開きでA3という広いスペースがあるので一つのテーマを無理なくまとめることができます。

ノートは読み返すことにも大きな意味があるので、読み返すときの理解のしやすさはとても大切

 

無地 〜自由度の高さは個性に〜

無地だととても自由に書けます。イラストを描くのも楽しくなります。文字が斜めになってしまったりもしますが、それも含めて個性

個性的なノートほど印象に残りやすく、記憶にも残りやすくなります。

 

おすすめの使い方

ラージサイズは携帯性も高くて使いやすかったですが、すこし狭く感じました。

A4は大きいのでいつも持ち歩いていつでも気楽に書き込んでいけるノートとしてはすこし扱いにくい。

持ち歩けることもモレスキンの良さだったりしますが、持ち歩きにはポケットサイズのシステム手帳を使っています。

システム手帳はいつも持ち歩いてメモするために、ノートは読み返しやすいようまとめるために、

システム手帳に書いたメモを家でA4サイズのノートに貼り付けてまとめるという使い方をしています。

 

これがすごく快適

外出時のメモって、概要をサッと書いておくだけなので、ポケットサイズの手帳でも十分

持ち歩きやすくてラクです。

それを家などの落ち着く場所で、ノートにわかりやすいよう配置して貼り付けていき、メモ同士の関係性を線で繋げて表したり、新たに気づいたことなどを書き込んだりしながらまとめていく

そのまとめの作業で、そのことに対する理解が一段階深まる気がします。

あとになって読み返すとそこで新たな気づきも生まれます。読み返すときはA4がすごく良い

 

 

というわけで、

モレスキンはA4無地がおすすめです。

 

 

 A4無地のモレスキンを紹介しておきます。

A4プレーン(無地)のモレスキン

モレスキン フォリオプロフェッショナル ブック

ハードカバー、ポケット、しおり

176ページ

一番シンプルなモレスキンです。おすすめはコレ

 

Moleskine Folio Professional Notebook, A4, Plain, Black, Hard Cover (8.25 x 11.75) (Professional Folio Series)

 

モレスキン プロコレクション ワークブック ハードカバー

ハードカバー、ポケット×2、しおり

索引&ページ番号、切り離し可能ページ、切り離し可能ToDoリスト、ラベルシール

176ページ

モレスキン ノート プロコレクション ワークブック ハードカバー 無地 A4 ブラック PROWB53HBK

  

モレスキン プロコレクション ワークブック ソフトカバー

ソフトカバー、ポケット×2、しおり

索引&ページ番号、切り離し可能ページ、切り離し可能ToDoリスト、ラベルシール

176ページ

 

モレスキン ノート プロコレクション ワークブック ソフトカバー 無地 A4 ブラック PROWB53SBK

  

モレスキン ART PLUS スケッチブック

アクリル画、インク画、ペン画、鉛筆画などに使えるモレスキンのスケッチブック

ハードカバー、ポケット、しおり

96ページ

モレスキン アート スケッチ ARTBF832 A4 BK

 

 

いつも持ち歩く手帳は

いつも持ち歩く手帳としてはSIRUHAで作成しているシステム手帳がおすすめ

満足いく手帳が見つからず、自分で作ってみたことがきっかけです。

使いやすさや質感などにこだわりました。とても良い手帳だと思います。

www.siruhanote.jp