読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRUHA

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

HiGH&LOWを観たゆる〜い感想【第5話】(ハイアンドロー)ドラマ

感想

追記)第6話の記事も書きました↓   

www.siruhanote.jp

第5話感想 

第5話はノボルと九龍グループ

 

第1話では映像としての格好良さはありましたが、ストーリーとしての魅力は感じられませんでした。しかし、話を重ねるごとに話が深みを増していき、ドラマとしての魅力もすごくなってきました。

かなりハマっています。

 

今回もゆるく感想とあらすじを書いていきます。

 

突如現れたノボルは、自身が九龍グループの家村会のメンバーだと告げる。

そして、コブラたちに家村会の傘下に入らないと先はないと脅してきます。

 

交渉は決裂し、一晩時間をやると言い残してノボルはその場を去ります。

 

ノボル、コブラ、ヤマトの過去の話へ

3人で楽しくやっていながらも、頭のよかったノボルはみんなの期待を背負って大学へ

大学でミホという女性と出会います。

ミホとノボルは似た者同士でお似合いのカップルに

 

ノボル、コブラ、ヤマトは久々に男3人で遊ぶことになります。しかしそのとき、ミホは怪しい男に捕まってしまいます。

 

それからミホは学校にも行かず、ノボルの連絡にも出ないように、

 

ノボルは男を問い詰めて全てを知ります。

 

ITOKANでのナオミとヤマトのシーン

ナオミ「仕返しをして、また仕返しをされて、その繰り返しじゃねぇかよ、憎しみの連鎖なんかいらない、、ノボルだってそのせいで、、」

 

テッツとダンがララを探していると、

ダンが描いたララの似顔絵を頼りに、ララを探します。

「こんな女います?」とテッツ

的確なツッコミです。そんな女性はいません。

ダンには素晴らしい絵のセンスがあるようです。

この二人はコンビみたいですね。いつもやり取りが面白いです。

 

テッツが「あの」と声をかけた女性はまさかの苺美瑠狂、明日香

明日香は合コンの最中のようです。

「チクったら殺すぞ」とテッツを脅した明日香は合コンに戻ります。

テッツはそれをバッチリカメラに収めます。

この写真をどう利用していくのか、、

 

一方ダンは、

ホワイトラスカルズのメンバーに見つかってしまいます。

ゴールデンボンバーも様になってますね。

ホワイトラスカルズの不気味さが増していきます。

ダンはなんとか逃げ切ります。 

 

コブラとノボルのシーン

ノボル「お前だったらどうした?」

そう言いノボルの過去へ


全てを知ったノボルはミホのもとへ行きます。しかしミホは、、

ノボルはミホの人生を無茶苦茶にした男たちに復讐します。

ノボルが誰かを殴っていたシーン。それにはこんな理由があったんですね。

 

警察に捕まり、刑務所の中で家村会の二階堂(橘ケンチ)と会います。

 

二階堂「その気があるならお前に最後の道を紹介してやろうか、、ただお前は過去を燃やす覚悟があるか、、」

 

ノボルは過去を燃やした、、

 

達磨一家も登場

刑務所の中で達磨一家の日向紀久(林遣都)がただならぬ雰囲気を醸し出していました。

ヤマトとチハルは ITOKANを訪れます。

二人で荒らされたITOKANを片付けているとヤマトがSDカードを発見!?

 

ヤマトとチハルが向かい合い「チハル、、」と言ったところで5話は終わり

最後に少しだけ、RUDE BOYSも登場しました。

 

第6話ではどうなっていくんでしょうか、

 

ホワイトラスカルズ、家村会、達磨一家、RUDE BOYS、それぞれのグループがストーリーに加わって、話がどんどん複雑に、そして面白くなってきました。

 

これからの展開がどんどん気になってきます。

第6話も楽しみです。

  

第1話感想 & HiGH&LOW情報まとめ(HiGH&LOWはドラマだけじゃない!)↓

siruha.hatenablog.jp

siruha.hatenablog.jp 

www.siruhanote.jp 

www.siruhanote.jp

 

  【早期購入特典あり】Unfair World(CD+DVD)(メンバー個別ポスター(B2サイズ)を1枚(7種ランダムより)付)