読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRUHA

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

全仏準々決勝で錦織圭がツォンガに負けた敗因~環境とメンタルと意識~「相手を観察することに意識を向ける」

テニス

準々決勝でツォンガに敗れる

準々決勝。錦織選手はフルセットの接戦の末、ツォンガ選手に敗れました。

2015年全仏、錦織圭はベスト8となります。

 

相手のツォンガ選手は試合のはじめから調子が良く。重いボールで錦織選手にいいプレーをさせませんでした。

錦織選手は自分のプレーが出来ず、ミスも増えてしまい第1セットを取られ、第2セットも前半でツォンガ選手にブレイクを許してしまいます。

2セット目の後半。観客席の上に設置してある掲示板が落下するアクシデントで試合で一時中断(強い風が原因かと思われます)

この中断で錦織選手は自分のプレーを取り戻しますが、先にリードされていたため第2セットも落としてしまいます。

第3セット、錦織選手に流れがきます。ツォンガ選手は強気なプレーが減り、錦織選手の攻めのプレーが決まります。

第3セット、第4セットは錦織選手がいい形で取りました。

ファイナルセットも錦織選手は良かったのですが、ツォンガ選手の調子が上がってきます。

接戦になりますが先にツォンガ選手がブレイクします。錦織選手も粘りましたがツォンガ選手の強烈なサーブに阻まれ、ブレイク出来ずに負けてしまいました。

 

敗因は風?

本当に風が強く、それにより錦織選手は自分のプレーを見失い、焦ってしまいます。

僕はテニスが好きですけど専門家ではありません。そんな僕が見ても今回のテニスは錦織圭らしくないテニスでした。

風がなかったら試合の内容も、結果も、違っていたと思います。

 

錦織選手のテニスは風が弱点かもしれません

錦織選手は厳しいコースを狙う技術が高いです。相手の意表を突くのも得意です。

錦織選手のテニスは高い集中力と頭をフルに活用するテニスです。

しかし風が強ければボールの軌道が変わるので、風で軌道がずれるボールに合わせて位置を修正しながらプレーしなければなりません。

風が強ければいつも以上にボールを見なければならないので、相手の動きを見る余裕がなくなってしまいます。

風に流れるボールは打点が狂いやすく、自分のボールも風で流れるので厳しいコースを狙うとミスにつながる恐れがあります。

 

相手の意表を突き、厳しいコースを狙う錦織選手のテニスは、風が弱点なのかもしれません。

 

風にさほど影響されないツォンガ選手のテニス

ツォンガ選手は厳しいコースを突くことより、相手の意表を突くよりもシンプルです。速いサーブでエースを狙い、ラリーは力強く球威のある重いボールで攻める、スピンをかけて自分はミスを減らし相手には打ちにくくする。錦織選手のテニスほどは相手を注意深く見る必要も厳しいコースへの打ち分けも必要ないテニスです。

相手を良く見て、針の穴を通すような繊細なショットで決める錦織より、ツォンガ選手のテニスは来たボールに対して、球威を乗せることと回転を掛けることを意識すればいいので、風が強くても影響が少ないです。

 

意識が焦りを生む

「風に影響されやすい自分のテニス」「風にさほど影響されないツォンガのテニス」

その意識が錦織選手を必要以上に焦らせてしまったのかなと思います。

 

風が強いときの戦い方も身につけ、「風が強くても大丈夫」と思えることが大切かなと思います。

 

緊張したときには相手に意識を向ける

あと、錦織選手は一度あせってしまい自分のプレーを見失ったときに、素早く立ち直ることが出来ませんでした。

悪い時に、自分の気持ちを素早く切り替えられる。そんなメンタルも必要ですね。

変に焦ったり、緊張したときには、「相手を観察することに意識を向ける」のがオススメです。

自分の調子が良い時にはあんまり自分には意識がいっていないと思います。相手を観察して次は何をしようかということに意識がいってると思います。

調子が良い状態に近づけるには、調子が良い時と同じように、まずは相手を観察することに意識を向けることが大切です。そうしていれば自然と調子も上がってきます。

あまり自分を意識し過ぎないことも大切ですね。

 

 

錦織選手のテニスは本当に難しいことをしていると思います。世界のトップから見れば身体の小さい錦織選手が勝ち上がっていくには必要なことです。

しかし難しいテニスは、自分のメンタルやその日の環境に大きく影響されやすいです。

錦織選手は世界のトップ選手になりました。これからは良い環境だけで勝てるだけでなく。悪い環境でも勝っていく必要があります。

環境に左右されない、「どんな状況でも大丈夫だ」という自信が必要です。それには、いろいろな状況を想定した対策が必要です。

 

錦織圭は高い技術が必要なむずかしいテニスで勝ってきました。難しいことをすればするほど、人一倍強いメンタルと高い技術が必要です。

僕は、錦織圭のテニスは世界一むずかしいテニスだと思います。世界一むずかしいテニスには、世界一のメンタルと世界一の技術が必要です。

身長的に不利な錦織圭が世界一になるには、他の誰もできない難しいことを出来る必要があります。錦織選手のプレースタイルの選択は正しいと思います。

 

「風や雨は相手にとっても同じ」ではない

むずかしいテニスをしている方が環境や精神的なちょっとしたことで左右されやすくなります。

身体的な不利を補うためには、誰にも出来ないことをする必要があります。むずかしいテニスが必要です。むずかしいテニスには、高い技術が必要になり、高い技術が必要なほど強いメンタルも必要になります。結局はいろいろな要素で相手を上回っていなければいけません。

 

錦織圭のテニスが完成するとき

今の錦織選手は天候的にも良く、精神的に安定していれば、誰にでも勝てるほどのテニスが出来るようになりました。世界一むずかしいテニスが一定の条件を満たせば実現しています

あとはそのテニスをいろいろな環境に最適化し、精神的にもっと安定する方法を見つければ、どの条件でも自分のテニスが出来るようになります。

 

そうなった時、本当の意味で錦織圭のテニスが完成するのではないでしょうか?

 

ここまで本当に難しい道のりだったと思います。これからもとても難しい道のりだと思います。錦織選手には頑張り続けて欲しいです。

 

 

この記事について

僕は趣味で硬式テニスをしてる程度です。もともとは軟式テニスをしていました。

ここに書いてあることは、軟式テニスを主にやってきた人間の書いたことです。

いろいろと偉そうなことを書いてしまい、すみませんでした。

テニスが大好きで錦織選手の活躍が嬉しいのでつい記事を書いてしまいます。

 

お読みくださった方々、本当にありがとうございました。 

 

 

 この記事を読んでいただいた方にオススメしたい漫画があります。

siruha.hatenablog.jp

ベイビーステップというテニス漫画です。

  • 上達、成長するための方法がわかります。
  • 緊張した場面での心の持ち方がわかります。
  • 明日からもっと頑張ろうという気持ちになります。

 僕はこの漫画からこんなことを学びました。テニスに関係なく誰にでもオススメです。