読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRUHA

手作りの本革システム手帳、帆布バッグを販売しているSIRUHA。生き方、考え方、やりたいことの見つけ方、アイデア発想法、勉強法など、本当に大切だと思うことについてSIRUHA目線でまとめていきます。

頭を使うためには情報と適度な運動が必要です。~脳へのインプット~

パフォーマンスを上げる方法

 頭を使う仕事をするとき、どうしていますか?

部屋に閉じこもってパソコンやノートと向き合っているだけになっていませんか。

 


頭を働かせるために必要なこと
情報と運動です。

刺激と血流です。

 

 

 

情報

情報を脳に入れてやることで、それが刺激となり、脳が働きます。
運動して血の巡りを良くすることで、脳の働きが良くなります。

 


情報とは五感から入ってくる刺激の情報と、文字などから入ってくる知識としての情報です。
情報を入れてやると脳が刺激を受け、働き始めます。


環境や景色を変えればそれが刺激になります。外に出てみても良いと思います。
人の話や本、ネットなどで知識を入れてみても良いと思います。

 


頭を働かせたいときには情報(刺激と知識)を脳に入れてやる事が大切です。

 

運動

脳を働かせるには、適度な運動をして、血の巡りを良くしてやることが必要です。

 

歩く。足は第二の心臓と言われたりします。歩くことで足がポンプの役目を果たし血流を促します。

 

 

アウトプットするにはインプットが必要です。

 

脳に何も入れなければ何も出てきません。

 

頭を働かせたいときには情報(刺激と知識)と適度な運動が必要だと思います、というお話でした。

 

 

今日、夜桜を見に行きました。

f:id:SIRUHA:20150402204853j:plain